2020年07月18日

【7月18日(土)】

『2020 夏 高校野球和歌山大会』始まりました。
皆様大なり小なり悲喜交々至る想いをお持ちでしょうが、高校3年生の選手の皆様にとりましては文字通り『最後の夏』です。
目一杯弾けていただきたいと思います。
そんな折、朝夕と無心でギターを弾きました。
何十年振りでしょうか、MR.BIGの『DADDY,BROTHER,LOVER,LITTLE BOY』に挑戦しました。
『おまえが求めるすべての役割を 俺がそれ以上に演じてやろう おまえのパパ、兄貴、愛人、かわいいぼうやさ』(※対訳 大屋尚子氏)
歌詩もこれぞとばかりのアメリカンロックです。
ロックマンの誰もが一度は憧れるアメリカン(ハード)ロックの伝統的なスタイルとでも云いましょうか。
大学時代の今は司法書士をされている軽音楽部の部長曰く、『早弾きは一度辞めるとリカバリーが難しい』を実感します。
当時は難なく弾きこなせていたはずなのですが。
とは言え、夢の『イワディアン・ロック・ショー』実現までリハビリに鋭意精進します。
夜、先日お世話になりました事業の慰労会を開催させていただきました。
不意な偶然が重なり、後からわらわらと合流もしていただきました。
人は集う箇所に集うものです。
『新しい生活様式』を適切に採り入れて集うべき時に集いましょう。


  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:45Comments(0)その他