2021年02月16日

【2月16日(火)】

当事務所前のチューリップですが、順調に芽を出してくれています。
チューリップの花言葉は色によって違いがあり、赤色は『真実の愛』、ピンク色は『誠実な愛』、黄色は『望みのない愛』、白色は『失われた愛』とのことです。
果たして何色の花を咲かせてくれるのでしょうか。
春はすごそこまで来ています。
さて。
午前中に登庁し、夕刻まで打ち合わせを重ねました。
議長室にて1,010社に及ぶ飲食業の皆様が署名された請願書のご提出に立ち合わせてもいただきました。
第三波におきましては、諸々の動きの中であたかも『飲食自体が元凶』的な雰囲気が出てしまっていますが、本当にそうなのでしょうか。
幾千も存在する全ての店舗を同様に判断して適切なのでしょうか。
いくつもの業種がある中で、飲食業等への支援の在り方とは等々、来週より開会する定例会にて議論されます。


  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:45Comments(0)その他

2021年02月15日

【2月15日(月)】

昨日、当ページにて福島県沖地震へのお見舞いを申し上げましたが、本日午後、和歌山県北部を震源とするマグニチュード4.1の地震が発生しました。
皆様、大事はなかったでしょうか。
県外からご心配いただくお声もいただきました。
ありがとうございました。
ワタクシ、元気です。
疫病に天災に。
奈良時代には幾度となく遷都が行われています。
大仏が建立され、御霊祭まで執り行われました。
このお祭りが今日の祇園祭となっているとも云われているわけですが。
以下、雑感を記します。
三部から構成する結構な長文です。
本当に長文ですので、お手隙の際にご高読いただけると嬉しいです。
①大宮神社参拝記
②アート鑑賞記
③Clubhouse視聴記
①大宮神社参拝記
そんなことで。
毎月一日に一の宮へお参りする程も敬虔ではないワタクシですが、ふと思い立ち、時にはイレギュラーなタイミングで氏神様にお祈りを捧げるべく大宮神社へ参拝しました。
門前には、熱田家の系略や大宮神社の由緒が書かれています。
疫病対策から手水舎に配慮され、各社の本坪鈴や鈴緒が外されています。
順番に各社で祈りを捧げつつ、当該神社のハイライトの一箇所・白髭稲荷神社の連なる鳥居を潜ります。
願いを石に託し、より大きな石ほど願いを存分に受け、より社に近い鳥居ほど願いが叶いやすくなる、とは家庭内教育での話でございます。
また破邪の霊獣こと獅子が祀られていますが、家庭内教育では『頭の神様』つまり賢くなるためにお参りする神様と教わってきました。
正確には『魔除獅子殿』と看板が掲げられ、『獅子』を崇めることでは、事業運ひいては財運を高めるとのこと。
財を成すには賢者と成れ、ということだったのでしょう。
住吉大神等の五社殿に続き、牛の神様にも祈りを捧げます。
牛の神様には何のご利益を期待するべきかよく分からないまま歳を重ねてきましたが、牛=農耕ということで『食べ逸れないように』ということを祈るべきなのかなと想いが過ぎりました。
最後は、何をか言わんや、ワタクシの祖父をも感じる護国神社です。
国・県・市・校区・字・各縁等々の平穏を祈るとともに平和維持への尽力を誓います。
参拝中、お一人でお参りに来られている方々にお会いしました。
まだまだ我が国の信心は厚いものがありますね。
②アート鑑賞記
この数日、本に音楽に映像に絵画にトークに衣装に云々と、兎に角、アート系に食指を働かせ続けています。
『断捨離』のヒントを得るべく、セカンドハンズ系ショップにもお伺いしてみたりしました。
そんな折、購入したBON JOVIの歌詩に驚愕しました。
『意見の相違、宗教や政治的思想の違いといった、あらゆることを呑み込み、受け入れ、お互いが自分の人生を歩むことが大切なのだ』(伊藤政則氏の『HAVE A NICE DAY』ライナーノーツより)
近日、声高に議論されている『ダイバーシティー』です。
およそ20年も前から秀逸なメロディーに乗せて訴え訴え続けられていること。
偉大なるアーティストとは、どのジャンルにおいても随分先を見ています。
というより、いつの時代にも通ずる人心の真実を射抜いているということなのかも知れません。
③Clubhouse視聴記
これまたこの数日、事務所での夜の執務中にClubhouseを視聴しています。
本日は、おやつどきにご来所いただきましたイタリア人の方たちが開いていらっしゃったイタリア語講座的なルームを聴かせていただきました。
ワタクシが英会話教室に通っていたのは小学校5〜6年生くらいの頃だったでしょうか。
もう30年以上も昔のことですが、外国語を学ぼうとする、あるいは伝えようとする方々の想いに共感できるものが浮かびました。
画面で見るよりプロフ写真と声だけの方が伝わり易い温もりというものがあるのかも知れません。
もしかして。
婚活のニューノーマル確立に光が差したでしょうか。
兎も角、イタリア語を勉強してみましょうかね。
そんなことで。
当ページ史上、恐らく最長となる記載となりました。
読了には余程のお暇を頂戴したことと推察致します。
駄文駄心にお付き合いいただき、ご読了いただきました皆様に心から感謝申し上げますとともに、費やしていただいたお暇がより意義あるものとなりますよう引き続きしっかり力を尽くして参ります。


















  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:45Comments(0)その他

2021年02月14日

【2月14日(日)】

日曜日のヴァレンタイン・デーでした。
コロナ禍とは言え、『感謝と愛情』を表現する日でございます。
各地各所で様々なドラマや浪漫が生まれたことと思います。
皆様の限りないお幸せを心より祈念致します。
さて、昨日のことですが。
毎日新聞に寄稿されています曽野洋・四天王寺大学教授による『範は紀州史にあり』が連載の100回という輝かしい節目を迎えられました。
継続は力なり、と云われますが、僭越ながら本当に素晴らしいことと五臓六腑からの祝意を申し上げたいと思います。
しかも。
ワタクシが登場しています。
多くの読者の方から様々なご意見やご質問等を受けられていることと推察致しますが、その中からワタクシの質問を採り上げていただきましたことに大変恐縮しています。
ワタクシも更に研鑽を積み、本県の更なる教育行政の発展に力を尽くして参りたいと思います。
そんな折、トリニティーは元気です。
また本日、愚息の誕生日でした。
愚娘からは手製のクッキーが贈られました。
頑張ります。
昨夜の福島県沖で発生しました地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復旧復興をお祈り致します。








  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 21:03Comments(0)その他

2021年02月11日

【2月11日(木・祝)】

きっと本年度最後となるでしょう、柿をいただきました。
果実、良い響きですよね。
さて。
『建国記念日』でした。
全日、那賀高校の創立100周年記念事業に向けた諸々の準備に努めました。
突然ご連絡等差し上げた皆様には大変失礼致しました。
どうぞご理解ご協力賜りますよう切にお願い申し上げます。
夕刻より深夜に至るまで、前夜に続きClubhouseを聴きながら各種作業に没頭しました。
それにしても、スゴいアプリですね。
『ダイバーシティー』について錚々たる顔触れで生トークが繰り広げられていました。
このひと月ほどで我が国でもとてつもないユーザー増となっているのではないでしょうか。
ちなみに。
1980年に発進されましたピエールカルダン・ジャパン社のキャッチコピーは
『敵が多い。だから私は幸せだ』
だそうです。


  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:47Comments(0)その他

2021年02月10日

【2月10日(水)】

午前・午後と事務所にご来客をお迎えし、腰を据えて多岐に亘り意見交換させていただきました。
メディアリテラシーの大切さは常に話題に上ります。
医療体制の逼迫具合は皆様がご心配されていますが、飲食関連産業の逼迫具合は世論上、語られ難いことも共有されていると痛感します。
本日も事務所周辺でご友人と2人で会食を楽しみに来られた旧友と、奇遇にも入店出店の折に出会いましたが、感染予防に極めて留意されながらも存分に楽しく過ごされたようでした。
とは言え、口外し難い時節と心得られているようです。
来週より愈々、ワクチンの先行接種が始まります。
本日、医療関係者の摂取希望届けが締められたとのこと。
一日も早く某警察を気にせず外出を楽しめる日が来ることを心より祈念致します。
夜は会議一件に出席。
深夜、Clubhouseを程々に聴いた後、愛用のiPadよりYouTubeにてX JAPANのライヴを視聴しながら長年触らずの山となっていた資料群を解いていますと、2016年頃発売と記憶しているTHE YELLOW MONKEY再集結を期したベストライヴDVDが発見されました。
封も切られていないようです。
特製ステッカー付きだとか。
後日、改めて視聴します。


  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:32Comments(0)その他

2021年02月09日

【2月9日(火)】

午前中、昨日に続き県土の調査をさせていただきました。
時には車で走りながら、時には歩きながら、視点が変わると見える課題も変わるものです。
少しずつでも解決に繋がるよう力を尽くして参ります。
午後からはZoomにて『食の三重丸』様主催の『意外と知られていない食品表示のお話』に参加させていただきました。
『国産牛』と『和牛』の違い、ご存知でしたか。
そんな折、ワタクシも『Clubhouse』アプリデビューしました。
早速、聴いてみたところ某首長さんによる観光業や空き家対策等々、興味深いお話に遭遇しました。
ワタクシも少しずつ発信して参ります。
ご興味お有りの方はゼヒ、フォローをお願い致します。
@t2ykawabata


  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:25Comments(0)その他

2021年02月08日

【2月8日(月)】

『ロカビリーの日』だそうですね。
1958年のこの日、我が国で初めて『ウェスタンカーニバル』なるイヴェントを東宝社主催にて日本劇場で開催され、初日9,500人もの観客数を記録したとのことです。
何と言ってもエルヴィス・プレスリーですか。
そんなこの日、県土の調査をさせていただきました。
従前より補修を依頼していました県道泉佐野岩出線は、先月中に根来交差点から南側へ数ヵ所の交差点を中心にアスファルト及び横断歩道等の敷き直しを完了させていただきました。
那賀振興局建設部の皆様及びご関係の皆様に心より感謝致します。
またご相談いただきました信号の確認及び折衝等をさせていただきました。
夕刻より冷たい風が吹きました。
皆様もどうぞご自愛下さい。










  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:45Comments(0)その他

2021年02月04日

【2月4日(木)】

高野町教育委員会が発行されました『史跡金剛峯寺境内(東院地区)大名墓総合調査報告書I』が手許に届きました。
なかなか興味深いです。
報告書を片手に奥の院を散策したくなりますね。
凡そ250冊が絶賛限定販売中です。
高野町教育委員会(0736-56-3050)まで。
さて。
午前中はビッグ愛にて打ち合わせ。
一階では同志社大学の入試が行われていました。
25年前を想い出します。
受験生の皆様のご健闘を心より祈念致します。
午後からは事務所にて執務。
多くのご来客に恵まれました。
ご来所いただきました皆様、ありがとうございました。
それはそうと。
昨年11月22日に我らがアドベンチャーワールドで生まれたジャイアントパンダ(メス)の名前が募集されています。
今月23日まで。
https://contact-aws.com/








  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:17Comments(0)その他

2021年02月03日

【2月3日(水)】

立春。
今月の在所日でした。
午前・午後と多くの皆様にご来所いただき、教育から歴史・産業まで多岐に亘り色々なお話を聞かせていただきました。
心より感謝申し上げます。
来月の在所日は3月3日(水)9時〜17時とさせていただきます。
どなた様もお気楽にご来所下さい。
我らがプチ・ツールの壁画作成も着々と進められています。
今月中には完成見込みとか。
ゼヒ壁画の猫に頭を撫でられてみて下さい。
ちなみに。
先日、とある現役中学生にお薦めいただき、『進撃の巨人』既刊の32巻まで読了しました。
序盤の非現実感やら過激な描写に少年コミックで妥当なのかと不安もよぎりましたが、圧倒的なストーリー力から中盤より近未来感が高まり、随所に散らばる人間の情模様が秀逸です。
読了後、あたかもその世界に漂っているかのような感覚も残ります。
いよいよ次巻が最終巻とのことで楽しみです。
次の文献を読み進めて参ります。








  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 23:26Comments(0)その他

2021年02月02日

【2月2日(火)】

124年振りとのことですが。
2月2日の節分でしたね。
季節の変わり目、立春の前日です。
何の謂れかよく分からないままに豆まきをしつつ南南東を向いて巻き寿司を食された方も多いのではないでしょうか。
陰陽道でその年の福徳を示す『恵方』に向かって何事かを行うと『とにかく吉』とのことですので、巻き寿司に限らず縄跳びや反復横跳びを繰り返すだけでも意を得るのかなと思ったりします。
『恵方跳び』
さて。
『恵方巻き』ですが。
七福神にちなんで七種の具材を巻くことはよく知られていますが、近頃はウィンナーやアボカド等、西洋風味も加わってきているようですね。
皆様のお気に入りの具材は何でしょうか。
そんな本日、お茶会に始まり、血圧計購入が続き、企業・事業所訪問にて締まりました。








  


Posted by 川畑哲哉 Kawabata Tetsuya at 20:29Comments(0)その他